ライブ(生演奏)とはなにか。

太古の昔、音楽はライブ(生演奏)しかなかった。
それが元々の形で文字通り生の状態。

それから音楽を媒体(レコードやCD)に記録して複製できるようになるのだが、これは生の状態ではない。
ミックスダウンやマスタリングをしていて思うのだが、この作業はあくまで音源を最適化するためのもので生演奏そのものを再現するものではない。
限られた容量の中で録音したものの聴き心地をよくする処理だ。
そう音源は音楽を加工した状態。

と書くと音源というのはフェイクであって良くないもののように感じるかもだが、
いつでもどこでも聴けるし、リミックスしたりDJのようにいろんな曲をつなげて楽しむこともできる。

一方、ライブ(生演奏)は目の前で観ることで演者の表情や息遣いなどを視覚で感じることができるし、
大音量で聴くことによって聴覚だけでなく、音の振動による皮膚感覚など体全体で演奏を感じることができる。(飲まずにいられなくなるので味覚も!)
とにかく音源で聴くよりも何倍も感動できるのだ。

さて、なにがいいたいかというと。
音源を聴いて、そしてライブに行こう。
そうすれば相乗効果でもうどエライことになるはず。

ちょうどいい機会がありますね。
そう「七階音楽会」です。
この話は告知だったのです。

「七階音楽会」
日時:2014/2/23(日)
会場:渋谷7th floor
開場:18:00 開演18:30
前売:2,000円 当日2,500円(共に1drink別)
出演:glow and the forest / 梶尾しょうへいバンド / Yucca
「七階音楽会」の詳細をみる
Yuccaの音源を聴く

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

2014/02/22 00:38 — 雑記榎本勇作