あるブログを読んだ。その感想。

音楽の価値とは?? | Broadcast To The Blog
http://blog.livedoor.jp/givemeyour/archives/52080337.html

現代っ子に限らず、もともと小学生はお金持ってないのでCDを買うってのはハードルが高い。
自分も小学生のとき千円のカセットシングル買うのが精一杯だったし。
あとは友達にダビングさせてもらうとか(ダブルラジカセ!)エアチェックするとか。
でも、買えないだけで当時CDが欲しいという欲求はあったと思う。

一方で今の子がYouTubeで済ませちゃう気持ちもよくわかる。
好きなときに好きな曲が聴けるからラジオよりもいいし、
あれだけ情報が得られれば、わざわざCDを購入する気にもならないのは不思議ではない。
聴ければいいって感覚はむしろ音楽自体を純粋に楽しんでるという気がする。

でも、お金を持つようになって、好きなアーティストと出会ったら配信で買うようになるんじゃないかな。
音質どうこうよりアルバム単位で作品を聴くようになったらYouTubeじゃ厳しいから。
自分の聴きたい曲順にリスト作るとかめんどいでしょう。さすがに。
でも、好きなアーティストに出会わなかったらずっとYouTubeかもね。

CDは・・・。
CDは厳しい。
CDリリースしといていうのはなんだけど。
真のファンでないとCD購入はしないでしょう。
コレクターアイテムだな。
逆にいうとこの時代にCDを売るというのはそれだけ熱心なワンフーがいるということですばらしい事です。
というか、フィジカルリリースって言葉にびっくりですよ。おいちゃんは。

前も書いたけど、音楽ビジネスがなくなっても音楽がなくなることはないし、
音楽の価値といわれたら人の心にどう影響を与えるかだと思うので、
YouTubeで聴いても、お金を払ってCD聴いてもどちらでもよい。
というのが個人的な見解です。

そして一番感じたことは
「あのブログすごく盛り上がっててうらやましい。」
ということだったという・・・。

2013/01/23 21:38 — 雑記榎本勇作