パークライフからはや20年。私的ブリットポップのなかでもブリットポップらしい曲5選。

本日は20年前にオアシスがデビューした日だ。
ブラーのパークライフもこの辺りでリリースされていて、ブリットポップが一気に加速していく時期だったのだ。
この後山ほどバンドが出てきたのだがその中でも代表的であろう5つを選んでみた。
suedeは当時オカマみたいであんまり聴いてなかったので入れなかったが、その後スミスを好きになってからは良さが分かってきた気がする。
CASTも好きだったがやはりLa’sのほうがいいのでいれなかった。
クーラシェイカーとかいたなー。


Blur – Parklife
ブリットポップの中心にいたのが、Blur。


Pulp – Common People
ブリットポップのアンセム的な曲。ジャーヴィス・コッカーのキャラクターがよかった。


Supergrass – Alright
1stアルバムをよく聴いた。当時メンバーが若いって言われてたが、同い年じゃないか。ボーカルは類人猿。


Elastica – Connection
正直この曲しかしらんけど、ボーカルのジャスティーンがsuedeのブレッドやBlurのデーモンと付き合ったり、Oasisのリアムにちょっかい出されたりしててゴシップ的な意味で中心にいた気がする。


Oasis – Rock ‘N’ Roll Star
Blurとのライバル関係が注目を浴びたが、最終的にはOasisがアメリカでも売れてブリットポップも終わってしまう。

メディアが作ったブームといわれたブリットポップだったが、
ゴシップ含めすごく盛り上がっていた。
ロックがあのくらい盛り上がること今後あるのだろうか。

2014/04/12 10:56 — 私的5選榎本勇作